リサイクルトナーなどは印刷機の必須品【再活用される方法】

プリンター

売る事もできる

外箱を大切にしよう

印刷

印刷機などで使うことになるトナーは、買い取りしているお店に持っていくことで売ることができます。この時に高価買取してもらう方法というものがあって、それはトナーの外箱の状態が影響してくるのです。 これはどういうことかというと、箱を開封してしまうと買取価格が下がってしまうという特徴があります。なので、未開封のものが高く売ることができるのです。 外箱に購入した日や、使用期限をペンなどで記入していないものが高く売れるのです。日焼けなども大きく影響してくるので、日当たりのいい場所よりも日の当たりにくい場所に保管しておきましょう。 外箱が日焼けしている場合は、お店によってトナーの査定価格が下がってしまう時があります。

出張サービスで売ろう

会社で使用しなくなってしまったトナーがあるときは、トナーの買い取りができるお店に持っていくことになります。これは店頭まで行くことになるので、買い取りしてもらいたいトナーが多い時はかなり大変といえるでしょう。 こういう時に利用すると便利なのが出張を利用した買取サービスで、会社までトナーを買い取りに来てくれるのです。これはその場で査定して現金に換えてくれるので、時間をかけずに素早く売り払うことが可能となっています。 これを利用することによって、店頭までトナーを持っていかなくてよくなります。大量のトナーを買取サービスで売りたいという時に、かなり重宝するサービスであるといえるでしょう。 こちらで希望日時を指定できるので、仕事の落ち着いている時期を設定することもできます。